Skip to main content
The RFM9459
10kW Power Tablet™ 三相AC - 48V 電源ユニット

大電力給電用のソリューション

大電力給電用のソリューション

3-phase

三相専用なので各相間の負荷バランスが 確保されます

48V

従来の12V給電と比較して配電損失は1/16まで減少させることが可能で、かつ、SELVのままバッテリバックアップ可能

modular

48V Power-on-Package ソリューションと共に使用する高電力密度、高効率なモジュール型電源ユニット

サーバーラックの電力課題

AI、クラウドコンピューティング、機械学習やビッグデータのような、データ集約型アプリケーションによって必要とされる電力の増加に伴い、データセンターにおける消費電力と発熱量も日々増加しています。データセンターのコンピュータによって使用される電力の全てが、ACラインから給電された電力は、電源システムによって絶縁されたDC電圧に変換される為、電源システムの電力密度と効率は非常に重要になります。電源システムの効率と電力密度の改善は、損失の低減、冷却の必要性の低減、占有スペースの節約、そして、これらによって経済的な運用をもたらします。この新しい Vicor の RFM は、これらの課題を改善する為に設計されました。

Vicor range of power obsrved in data centers

RFM はサーバーラック内の大電力化を可能に

Vicor は、24 x 15 x 1.5cm (9.4 x 5.9 x 0.6in) サイズのパワータブレット構造で、三相AC入力、出力48VDC (定電圧) の10kW AC-DC電源ユニット RFM を発表しました。RFM は、フィルタ、冗長運転、力率改善と保護機能を備え、絶縁された定電圧DC電圧を出力します。ワールドワイド三相AC電圧での使用が可能であり、AC200 Vのデルタ結線の L-L 間、スター結線 (L-L 間 AC480 V) のL-N間を入力として接続することができます。

また、薄型のタブレット形状に設計されており、前例のない高い電力密度と放熱設計の拡張性を可能にします。例えば、4つの RFM の並列動作で、入力遮断回路とAC整流、出力平滑コンデンサをそれぞれ接続することにより、1Uラックのスペースで40k Wの電力を給電することができます。RFM のパワータブレットパッケージは、AI推論/学習やHPCで求められる大電力サーバーラックの水冷を含む、高度な冷却システムに使用することが可能です。

48 V (54 VDCを含む) 給電は、大電力ラックにおける新しいスタンダードであり、従来の12 VDC 給電よりも、細い配線が使用可能になり、配電損失を大幅に低減することができます。Vicor の48 V Power-on-Package (“PoP”) との組み合わせにより、RFM は三相ACから1V以下のAIプロセッサの負荷点まで、高電力密度で高効率な電源システムソリューションを実現します。

パワータブレットのフォームファクタは、より高電力密度なAC入力ラックを可能に

4つの RFM を並列動作させ、出力平滑コンデンサ、整流ダイオードとヒューズ等の安全回路をそれぞれ接続することにより、一般的な1Uラックのスペースで40k Wの電力が供給可能になります。また、RFMをラック全体に分散させることで、新しい自由度を持った機構的および熱的ソリューションを実現できます。RFM は同様に、容易に浸漬冷却システムにも収納することができます。

Vicor PowerTablet form factor high density rack configurations

AI データセンター用のモジュール型電源アーキテクチャ

RFM, Power-on-Package および Direct-to-PoL ソリューションは、48 Vバスからさまざまな負荷と補助電源レールに直接電力を供給するコンバータのエコシステムの構成が可能となります。

Vicor 48V ecosystem

パワータブレットパッケージは先進的な冷却を可能に

RFM は、タブレット形状のフォームファクタにより、体積に対してより大きな表面積であるため、放熱のための理想的なインターフェースを持っています。従来のAC電源は一般的に、不規則な表面形状と不均一な熱分布を有しており、空冷システム用に設計されています。RFMは、水冷 (コールドプレート取付け) や浸漬冷却などの高度な冷却システムに容易に組み込むことができるように設計されています。

cooling

冗長性のある並列運転による大電力出力構成

RFM は内部に、各相ごとに独立して動作する電力変換セルがあるため、もし単一のセルが故障しても、その他のセルは出力動作を継続することができます。これにより、RFM の並列運転は、セルごとに 3.33k W出力の N+1 冗長を実現します。

fault

ワールドワイド三相入力で動作可能に

RFM の入力は、AC供給源がデルタ結線かスター結線かにより、接続先が異なります。RFM は、ワールドワイド三相AC電圧で使用可能であり、AC200  Vのデルタ結線の L-L 間、スター結線 (L-L間 480 V AC (Line to Line)) の L-N 間を入力として接続することができます。

delta

デルタ結線の場合: L-L 間に接続 VIN = 208VAC (Line to Line)

wye

スター結線の場合: L-N 間に接続 VIN = 380, 400, 415, 480VAC (Line to Line)

コンテンツ

RFM contact me form image